ふくおかエコ農産物

ふくおかエコ農産物協議会 〒812-8577 
福岡市博多区東公園7-7(福岡県庁食の安全・地産地消課内) TEL / FAX:092-260-9115 E-mail:info@f-ninsyou.net

農産物を探す

生産者プロフィール

印刷用ページはこちら
認証番号 認証期限 生産者戸数
0410138 令和6年産まで 1
品目 品種 栽培面積
うるち米(普通期) ヒノヒカリ、にこまる 413.78 a
出荷先・販売先 荷姿
ふるさと納税、道の駅うきは、個人消費者 2kg・3kg・5kg・10kg・30kg袋

生産者コメント

 自然を相手にする仕事ですから、毎年同じ作業をしていても、工業製品のように同じものは、作れません。よりよいおいしいお米を作っていくためには、農業試験場と協力して作業をすすめていくことです。
 雨の多い年にはどういう作り方をすればいいのか、温度のあまり上がらない夏にはどう対処すればいいのかなど、いろいろなこれまでのデータを検討し、生育調査を行い、肥料の量、水の量、刈り取り時期等を考えながら行わなければなりません。
 食べ物は、人間が生きていく上で、一番重要だと考えます。米はもちろん毎日食べます。毎日食べるものだからこそ、体にいいものを生産しようと心がけています。それでは、どうしたらいいのか?私は、人間と植物はとても似ていると思います。子どもの時から規則正しい食生活、運動をしている人は、大人になってもあまり病気になりにくいし、薬を飲むこともないのです。植物も同じで、健全なものには、病気虫はつきにくいものです。
 健全な苗を作るには、土づくり、水管理、肥ばい管理等いろいろありますが、大事なのは、あまり苗を甘やかさないことだと思います。水のやりすぎ、肥料のやりすぎは、絶対にいけません。植物は、水をやらないと自分で水を求めて根を多く広く張っていきます。そして強くて、たくましい苗に育っていきます。人間も子どもの時から食べすぎたり、運動不足になったりすると、けがをしたり、病気になり易くなると思います。
 このような考え方から、健全な稲は、あまり病気になりにくくなり、害虫にも強いので、薬(農薬)はあまりいらないのです。安全なお米を食べて、心も体もたくましくなりましょう!

申請者 栽培管理者 精米管理者

株式会社みずほファーム

代表取締役 石井好人

株式会社みずほファーム
代表取締役 石井好人
株式会社みずほファーム
代表取締役 石井康太
〒839-1302
うきは市吉井町徳丸545-1
TEL:0943-76-2102
うきは市吉井町徳丸545-1
TEL:0943-76-2102
うきは市吉井町徳丸545-1
TEL:0943-76-2102

栽培計画

栽培計画 ダウンロード
  使用量・回数 認証基準 県基準
化学肥料使用量
(窒素成分量)(kg/10a)
0.01 4.25 8.5
化学合成農薬使用回数
(成分回数)(回)
8 10 20

栽培計画

栽培実績 ダウンロード
  使用量・回数 認証基準 県基準
化学肥料使用量
(窒素成分量)(kg/10a)
0.01 4.25 8.5
化学合成農薬使用回数
(成分回数)(回)
7 10 20

©ふくおかエコ農産物販売拡大協議会
全ての著作権はふくおかエコ農産物販売拡大協議会に帰属します。掲載の記事・写真の無断転写を禁じます。